多汗症の原因と症状・治療法 > セルフケアで多汗症対策

セルフケアで多汗症対策

多汗症対策と言うと皮膚科や心療内科のように病院などに行かないとダメなのかなという印象がありますが、自分でセルフケアをすることで病院にも行かず、手軽に対策をすることができます。

どういう方法があるかと言うと、多汗症の主な原因として精神的な発汗が挙げられます。

つまりストレスや過度の緊張や不安から引き起こしてしまうのです。

このストレスを軽減させることが多汗症の改善にも繋がることが多いです。

そこで自分なりのストレス発散方法を見つけるようにしましょう。

それが改善に繋がって行くと思います。

次のセルフケアの方法としては食事の改善があります。

物を食べると言うことは毎日行うことですのでやり方次第で改善にも悪化にも繋がってくるほどとても重要なことです。

まずは脂分、糖分、香辛料が強いもの、お菓子など多汗症を悪化させるような食べ物を控えるようにしましょう。

こういう食べ物類は汗腺を刺激します。

刺激されるとサラサラとした汗ではなくネバネバした汗がでるようになります。

このネバネバした汗が臭いのもとになりやすくなってしまうのです。

食事も抑制するだけではなく、ビタミンAやEが多く含まれている食べ物を摂取することで臭いを抑制する効果が得られるということなので積極的に取り入れるようにしましょう。

あとは制汗剤を使用することですが、これは一時的な対策としては有効ですが、改善には繋がりませんので用途に合わせて使用するなど注意するようにしましょう。