多汗症の原因と症状・治療法 > 多汗症の種類(顔)

多汗症の種類(顔)

多汗症には、体、脇、手のひら、足などさまざまなところで汗をかくことを指しますが、その中でも顔に汗をかく多汗症というのもあります。

顔に汗をかいてしまうと、特に女性の場合は化粧が落ちてしまったり、他の人に見られると恥ずかしかったりしますよね。

それを他人に指摘されると余計緊張してしまって汗をかいてしまう結果になりかねません。

特に夏の暑い日は余計だと思います。

汗をかくのが嫌で外に出ないなんて人もいるかもしれません。

そういう夏の暑いとき、緊張してしまったとき、スポーツをするなど体を動かしたときなど顔に汗をかいてしまって困ったときに一時的ではありますが、顔や頭部の汗を抑える方法があります。

その方法とは半側発汗という方法です。

これはどういう方法かと言うと、皮膚圧反射という方法を使います。

特徴としては体の一部を圧迫することにより圧迫されている側の汗の量が減って、逆側の汗の量が増えるということなのです。

例えば胸の乳首の周り(乳輪あたり)を紐などで強く圧迫します。

そうすると上半身が圧迫されますので顔などから汗が減り、逆に下半身の汗の量が増えるということになります。

この方法は汗の量を別な場所に移動するという方法ですので根本的な多汗症対策にはならないと思いますが、とりあえず顔の汗を減らすということはできると思いますので、一時的でも顔に汗をかくのが困るという方は是非試してみてはいかがでしょうか?

覚えておくと便利な知識だと思いますので対策として取り入れてみてください。