多汗症の原因と症状・治療法 > 多汗症対策で副交感神経に着目

多汗症対策で副交感神経に着目

多汗症の原因のひとつとして副交感神経の緊張度合いが過剰になることが挙げられると思います。

例えばですが手足が冷たい人がいますが、これは手足の血管が収縮することで起こると言われています。

ですから多汗症が原因となっている可能性も否定できません。

多汗症の人に限らず、夏など外気が暑くなったり、梅雨時期など湿度が高くなったりすれば汗をかきます。

しかし、多汗症の人は上記の時はもちろん、他の時期でも汗をかいてしまう状況になってしまいます。

通常より汗の量や頻度が増えてしまうと悩みの種になってしまうと思います。

いろんな理由で体温が上がったとき、体温調節をするために汗をかいて体温を下げようとする力が働きます。

ここで汗をかかないと体温が上がってしまって病気の原因となってしまう可能性があります。

多汗症が原因でこのような時は汗の量が増えたり、寒いのに汗をかいてしまって余計体温をさげる原因となってしまったりする可能性があります。

多汗症は季節を問わず汗をかきますので悩んでいる方が多いと思います。

また、汗をかくと臭いなども気になってくると思いますので、更に多汗症の悩みは増えると思います。

ここで着目したいのが副交感神経です。

ストレスや緊張、不安感といったことが原因となり交換神経が活発化してしまうことで汗をかいてしまうので、交換神経と副交感神経のバランスを整えるようにして、リラックスするよう心がけ汗を抑制することが可能になると思います。