多汗症の原因と症状・治療法 > 交感神経遮断手術で多汗症対策

交感神経遮断手術で多汗症対策

多汗症対策のひとつとして手術をするという方法があります。

これは多汗症による局所的な発汗を抑制する効果があります。

しかし、手術と言うと皆さん大事のように感じてしまい、大変なことになったと思う人もいるかもしれません。

この交感神経遮断手術が日本で認められたのは極最近のことなので歴史的には浅いですが、技術の進歩は目覚ましものがあり、今では日帰りで手術ができるくらいにまで進歩しています。

どういう手術をするかと言うとわきの下下を2ミリほど切開し、そこにある交感神経を遮断します。

手術痕を縫合する必要もないので簡単に手術を終わらせることができます。

またこの傷も1ヶ月ほどで分からない位にまで回復するので心配する必要はないと思います。

多汗症の人が抱えている悩みと言うのは周りの人が考えている以上に深刻なものです。

悩みすぎて外に出るのも嫌になってしまう可能性があります。

ですからこういう多汗症の人にとってこの手術は本当に嬉しい情報なのではないでしょうか。

多汗症は認知度が低いために周りにはなかなか分かってもらえなかったり、本人も多汗症だとは気づかなかったりするので分かりにくい病気だと思います。

多汗症も汗をかくとタオルが必要なこともあるようです。

それも暑くもないのに汗をかいてしまうのです。

まず、自分の汗の症状などを客観的に見てみて、何かおかしいと感じたら病院に行ってみるなど、早めの対策ができるよう心がけましょう。